THETHOR

レンタルサーバー「ConoHa WING」は評判通りやっぱり速くて快適でした

当ブログ「夜ふかしキリン」は、2020年の6月からスタートしたWordPressブログです。

はじめは右も左もわからない状況で、ネットの情報をかき集めては試行錯誤しながら、ブログ運営をしてきました。

これまでに投稿した記事数は多くないですが、経験としては1年以上WordPressに触れています。

だいぶ操作にも慣れ、WordPressに関する知識と経験は増えてきました。

そんな私がレンタルサーバー「ConoHaWING」を実際に使って感じていることをまとめました。

 
ヨフカシ
当サイト運営者「ヨフカシ」です。
2020年6月からブログをはじめました。
昼間は個人商店を営んでいます。

私の経験談が「誰かの悩みのヒント」になれたらいいな。
そんな想いで記事を執筆しています。

 

実際に使ってどうだった?レンタルサーバー「ConoHaWING」

ブログを作るにあたりまず必要なものが「サーバー」と「ドメイン」です。

  • 「レンタルサーバー」を契約する
  • 「独自ドメイン」を取得する

どちらもサービスを提供している会社はいくつもありますが、私は「ConoHaWING」という会社で契約しました。

選んだ理由:表示が速いと評判でプロもおすすめ!

サイトが表示されるまでのスピードである「表示速度」はサーバー選びで大事な要素です。

表示が遅いと見るのをやめてしまう(離脱される)確率が上がるので、速い方が断然有利になります。

レンタルサーバー各社は「表示速度」の速さを競ってアピールしています。

実績も評判も高いサーバー会社は、いくつかあり悩みました。

調べている中で「国内最速」というキャッチコピーが躍る「ConoHaWING」に強く惹かれました。

「ConoHaWING」の表示速度は国内トップクラスの性能を誇っています。

それを裏付けるように、有名なブロガーやアフィリエイターも「ConoHaWING」の性能を高く評価していました。

有名な一流のプレイヤーが使っている道具なら「自分も使ってみたい!」と思いませんか?

 
ヨフカシ
私が「ConoHaWING」を選んだ理由は、有名ブロガー「ヒトデさん」がおすすめしていたからです。

選んで良かった➀:表示が速い

「ConoHa WING」のサーバーは、表示速度の速さがウリです。

国内最速をアピールしています。

私は専門家ではないので「国内最速が本当なのか?」まではわかりませんが、実際に使っている感覚としては「たしかに速い」と感じます。

その理由は「ConoHaWING」以外に使っているサーバーと比べた感じです。

他社のサーバーと比較して感じる処理の速さ

お店のホームページ用に「さくらインターネット」のサーバーも契約しており、WordPressで「店長ブログ」を運営しています。

導入しているプラグインの違いはありますが、どちらも同じWordPressテーマ「THE THOR」を使用しています。

サーバーの違い以外は、ほぼ同じ条件でWordPressブログを作っています。

その両方を操作していて感じるのが「処理の速さ」です。

WordPressの処理とは?

WordPressは、操作した内容が「データベース」に記録されるので、管理画面を開いている間は、常に「通信」を行っている状態です。

「文字を入力する」「設定を変更する」など、何か操作をするたびにデータを送っており、そのデータ処理が終わるまで、ホントにわずかな時間ですが、待機時間(何も操作できない時間)が発生します。

この待機時間が「ConoHaWING」のサーバーでは、圧倒的に短いです。

この処理の速さが「表示速度の速さ」にもなっているんだろうなと推測しています。

 
ヨフカシ
私の体感では瞬間的に処理が終わっています。

公式ページ | ConoHa WING 

選んで良かった②:無料独自ドメインが使える

レンタルサーバー会社では「独自ドメイン」の取得(契約)ができる会社が多いです。

「独自ドメイン」は、お金を払って契約するのが基本です。年間契約になっており、初年度は取得費がかかり、2年目以降は更新費が毎年かかります。

ところが「ConoHaWING」ではサーバー契約の特典として「無料」で「独自ドメイン」を使うことができる「WINGパック」というお得なプランがあります。

サーバーとドメインは、サイト運営にはどちらも絶対に必要なものです。サーバー契約のおまけでドメインが無料で使えるのは、すごくお得な特典です。

サーバー契約期間中は「独自ドメイン」がずっと無料で使える

「ConoHaWING」では、レンタルサーバーを契約している期間は、「独自ドメイン」の「取得費」も「更新費」も一切かかりません。「WINGパック」は、サーバー代金のみで「独自ドメイン」も使える契約プランです。

2020年3月30日(火)より「WINGパック」契約時に取得できる「無料独自ドメイン」の枠が増え、最大2つの永久無料独自ドメインが利用できるようになりました!

すでに契約しているユーザーも、手続きをすればもう一つ使えるので、ご安心ください。

注意点として、ドメインの種類(.comや.netなどのトップドメイン)の制限はありますが、「2つ」の独自ドメインを無料で使えるのは、今のところ「ConoHaWING」だけです。

当ブログ「夜ふかしキリン」のドメイン「yofukashi-kirin.com」は、「WINGパック」の特典ドメインで取得したものです。。

 
ヨフカシ
もうひとつのドメインは「何キリン」にしようかな?

公式ページ | ConoHa WING 

選んで良かった➂:WordPress導入が簡単だった

WordPressブログをはじめるまでに、サーバーを契約する以外にもやることがあります。

サーバー契約以外にやること

  • ドメインを設定
  • データベースの作成
  • WordPressというプログラムをインストールする
  • テーマをダウンロードしてインストールをする

初心者にはわからないことも多く、不安になりますよね?

「ConoHaWING」には、そんな初心者にも安心してWordPressをはじめられるサポート機能があります。

1つの設定画面で、すべて完結する「かんたんセットアップ」

WordPress初心者には、WordPressのログイン画面が表示されるようになるまでも、大変な道のりです。複雑な設定を何個もクリアしていかなければいけません。

私は、はじめてのWordPressブログを「さくらインターネット」で立ち上げたのですが、サーバーの管理画面の中を、あちこち回りながら設定を進めていくので、かなり手間がかかりました。

「ConoHaWING」では、その複雑な設定をスムーズに進められるように「かんたんセットアップ」という機能が用意されています。

この「かんたんセットアップ」は、設定が必要な項目を「1つの画面に集約」してくれているので、操作が煩わしくなく初心者でも安心です。

「ConoHaWING」でWordPressを立ち上げるのは本当に簡単で「かんたんセットアップ」の項目に入力して待っているだけ。

 
ヨフカシ
これだけの設定で終わり?

この記事の中で、かんたんセットアップの流れを解説しています。
WordPressの新規開設がスムーズにできる機能「かんたんセットアップ」

公式ページ | ConoHa WING 

今のところトラブルもなくマイナスポイントはなし

「ConoHaWING」使いはじめて1年以上経ちましたが、その間特にトラブルもなく、ただただ快適に使っています。

なので2年目も継続して使うように更新をしました。

よほどのトラブルがない限り「ConoHaWING」を使い続けると思います。

ConoHaWINGを実際に使った感想のまとめ

「ConoHaWING」は、お得なポイントが強力なので、つい「特典」に注目してしまいますが、「レンタルサーバー」としての性能の高さは間違いなくトップクラスです。

私がお店で使っている別のレンタルサーバーよりも、アクセスしたときの反応の速さ、表示の速さはもちろん、WordPressを操作しているときの処理も速く、使い心地が良くストレスがありません。

さらにWordPressサイトを立ち上げるための「簡単セットアップ」機能を備えており、初心者でもむずかしい手間がなくWordPressサイトを開設することができます。

 ConoHaWINGの特徴

  • サーバーの性能が良い
  • 反応 / 表示 / 処理、どれも速い
  • WordPress初心者にも親切
  • WINGパックは長期契約で安くなる
  • WINGパックは独自ドメインが無料(2つ)
 
ヨフカシ
WordPressに挑戦するユーザーのことを第一に考えて提供されているサービスだね!

公式ページ | ConoHa WING 

「ConoHaWING」の契約プランは「通常」と「WINGパック」の2種類

「ConoHaWING」という名前は「ConoHa」という会社の「共用レンタルサーバー」のサービス名です。

契約プランは「通常」と「WINGパック」の2種類あります。

  • 「通常」は「利用した時間分を払う料金」(1時間単位)
  • 「WINGパック」は「月額の固定料金」で契約する料金形態

「通常プラン」は「利用した時間分を払う料金設定」

「1時間いくら」という設定で、利用した分だけ支払う契約プラン。
「ConoHa」はお試し期間がないことが「デメリット」としてよく挙げられてしまいます。
しかし、この「利用した時間分だけの料金」なら、一ヶ月分の料金を払って使うという無駄なコストを掛けずにサーバーを利用できるので、お試しの変わりの方法として利用できます。

「WINGパック」は「特典付き月額固定料金」

「月額いくら」という一般的な契約プラン。
しかも「お得な特典」が付いています。

  • 「独自ドメイン」が2つ無料で使えるようになる
  • 契約期間が長期になるほど割引率がアップ
 
ヨフカシ
WINGパックがお得なのは「ドメインが無料になる」だけじゃない!

ConoHaWINGの料金システムについて

「WINGパック」は長期契約で割引率が上がる料金システムです。

まず基本的な料金システムを確認しましょう。

ConoHaWINGのサーバーを契約する際に選ぶことは2つ。

  1. サーバータイプ(全3種)
  2. 契約期間(全5種)

➀ 3つのサーバータイプから選ぶ

「ConoHaWING」のサーバーは、スペック別の3タイプに分かれています。

サーバータイプの名前と違い

  • ベーシック (SSD容量 300GB / 転送量 27.0 TB)
  • スタンダード(SSD容量 400GB / 転送量 36.0 TB)
  • プレミアム (SSD容量 500GB / 転送量 45.0 TB)

*転送量は1ヶ月あたりの目安

主な違いは「容量」と「転送量」の2点。

他のポイントは、すべて同じで「ドメイン&データベースは無制限で利用可能」「初期費用が無料」という条件です。

 
ヨフカシ
サーバータイプは、初心者なら「ベーシック」を選べば大丈夫です!

② 5つの契約期間から選ぶ

「WINGパック」は5つの期間から選んで契約することができます。

WINGパックの契約期間

  • 3ヶ月
  • 6ヶ月
  • 12ヶ月(1年)
  • 24ヶ月(2年)
  • 36ヶ月(3年)

ちなみに私は「12ヶ月」で契約しています。

「WINGパック」は、長期間の契約になるほど割引率があがります。

2年、3年という長期契約になるほど、月々換算の利用料金が安くなります。

ただし支払いは、契約時(更新時)にまとめて一括払いになるので注意してください。

具体的な割引率はキャンペーンによって変動するので、確認してください。

この記事の中で「今のキャンペーン」を紹介しています。
「ConoHaWING」で開催中のキャンペーン

公式ページ | ConoHa WING 

ドメイン込みと考えれば、高くない月々の料金

私は「WINGパック」の「ベーシックタイプを1年間(12ヶ月)」で契約しており、年間10000円ぐらい支払っています。月々の利用料金は900円ぐらいです。「ConoHaWING」では、この価格で、サーバーとドメイン2つが使えます。

ここで、私がお店のホームページ用に契約している「さくらインターネット」で同じ状況の料金を比較してみます。

「さくらインターネット」とのサーバー料金の比較

「さくらインターネット」のサーバーは、スタンダードプランの年間分一括払いで5000円ぐらいです。月々500円を切りますが、ドメイン代は別途必要になります。

追加でドメインを2つ取得すると想定すると、さくらインターネットの場合は、年間4000円弱の費用がかかります。サーバー料金と合わせれば、年間9000円ぐらいです。

仮の想定として同じ状況で比較すると、料金の差はほとんどありません

それでいて「ConoHaWING」は、サーバーの性能が良いわけですから、「WINGパック」がお得なプランなのは一目瞭然です。

WordPressの新規開設がスムーズにできる機能「かんたんセットアップ」

「ConoHaWING」では、2020年6月よりWordPress開設をサポートする新機能「WordPressかんたんセットアップ」が登場しました。

新しくWordPressサイトをはじめるときに利用できるサービスです。
WordPressサイトの移行時には利用できないので、ご注意ください。

「かんたんセットアップ」を使ったWordPressサイトの開設手順

ここで紹介する手順は、初心者向けなので「サーバーの新規契約を含む」内容となっています。

1.「ConoHa」のアカウントを作成

サーバー契約のための手順

ConoHaのサービスを利用するために必要なアカウント登録です。

  • メールアドレス
  • パスワード

2. 申し込み内容を選ぶ

サーバー契約のための手順

サーバーの契約内容を選びます。

  • サーバーの種類(ベーシック / スタンダード / プレミアム)
  • 料金タイプ(WING / 通常)
  • 契約期間 →WINGパックの場合(3ヶ月 / 6ヶ月 / 12ヶ月 / 24ヶ月 / 36ヶ月)から選ぶ

サーバーの種類
違いがあるのは「容量」と「転送量」の部分だけ。
初心者は「ベーシック」で問題なし。

料金タイプ
「WINGパック」は、月毎の固定料金プランです。
(契約期間による割引あり、無料独自ドメインが使える特典あり)

「通常」は、1時間単位の料金プラン(利用した分だけ払うタイプ)です。

3. サーバーの簡単な初期設定

サーバー契約のための手順

ここで設定する「初期ドメイン」は「独自ドメイン」のことではありません。
「WINGパック」でもらえる「無料独自ドメイン」は次のステップで設定できます。

  • 初期ドメイン
  • サーバー名の設定(こだわりがなければいじる必要なし)

4. WordPressの設定(かんたんセットアップの部分)

いよいよWordPressの設定です。

  • サイト名(後でも変更できる)
  • 独自ドメインの設定(WINGパックでは無料・後から変更不可)
  • WordPress用のユーザー名(ログインに必要・後から変更不可)
  • WordPress用のパスワード(ログインに必要)
  • WrodPressテーマの選択(任意)

注意するポイントがありますが、この設定をするだけでWordPressサイトが開設できます。

WordPress用のユーザー名とパスワードについて

編集画面にログインする際の大事な情報です
・忘れないこと
・不正ログイン防止のため、厳重に保管すること

WordPressテーマの選択について

自分が使いたいWordPressテーマを選択しておくことで、WordPressにテーマをインストールしてくれる機能です。
現在選択できるテーマは4種類です。
「有料のテーマ」もあります。

  • 無料
    • Cocoon 2020年4月27日より提供開始
  • 有料
    • SANGO 2020年4月7日より提供開始
    • JIN 2020年6月9日より提供開始
    • THE SONIC 2020年10月20日より提供開始

必ずどれかを選ぶ必要はありません。
何も選択しなくても先へ進めます。

5. 個人情報の入力とSMS認証

サーバー契約のための手順

登録した携帯電話番号で認証を行います

6. 支払(クレジット / ConoHaカード / その他)

サーバー契約のための手順

支払方法を選びます。
クレジットカード払いが一番スムーズです。

\これで「WordPressが設定された自分のサイト」が完成

(サイトが反映されるまでに30分程度の待ち時間は必要です)

この2つの操作も忘れずにやりましょう
①ドメイン情報承認のメールが届くのでメールを開いてURLにアクセスする
②無料でSSL化が出来るので設定しておく(http://~をhttps://~にする設定)

公式ページ | ConoHa WING

コントロールパネルの操作もわかりやすい

サーバーやサイトに関する様々な設定を行う「コントロール画面」はわかりやすいです。

実際のコントロールパネル

画面左側にメニューが表示され、中央に表示される「メイン画面」には、何を操作すればよいか表示されています。専門的な用語も少ない印象で、親切な画面設計だと思います。

コントロールパネルで操作できる内容は、どの会社も基本的に似ています。
コントロールパネルの使いやすさを評価する記事も見かけますが、使いやすさについては「慣れるか、慣れないか」という感覚によると思います。
一度自分でレンタルサーバーを契約し管理運営を経験すれば、なんとなく理解できるようになるはずです。
トラブル対応の経験をすれることで、スキルアップにもなります。

「ConoHaWING」で開催中のキャンペーン

最後に現在「ConoHaWING」で実施しているキャンペーンの案内です。

\ 3周年記念キャンペーン /
(2021年11月8日(月)18:00まで)

キャンペーンの詳細

【対象】

期間中にWINGパック「ベーシックプラン」を12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月契約を新規で申込み(通常プランからWINGパックへのプラン変更も対象になります)

【期間】

2021年10月4日(月)18:00 ~ 2021年11月8日(月)18:00

【内容】

  • ベーシックプランの12ヶ月契約 33%OFF ¥872 / 月 → 合計¥10,464
  • ベーシックプランの24ヶ月契約 37%OFF ¥823 / 月 → 合計¥19,752(1年あたり:¥9,876)
  • ベーシックプランの36ヶ月契約 41%OFF ¥775 / 月 → 合計¥27,900(1年あたり:¥9,300)

*金額の表示は10%の消費税が含まれた価格
*消費税の端数処理により、表示金額と請求金額に誤差が出ることがあります
*料金の支払いは前払いの一括(月単位の分割払いは不可)

「WINGパック」はレンタルサーバー代と独自ドメインがセットになった長期利用割引プランです。

 
ヨフカシ
面倒な設定不要だから、途中で迷わない!
「ConoHaWING」なら、すぐにWordPressをはじめられるよ!

公式ページ | ConoHa WING

レンタルサーバーの最新記事4件