速くて快適レンタルサーバー「ConoHaWING」

1人で心細いライターにオススメ!文章チェックツール「文賢」は導入すべき?

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

40代でブログに挑戦した私。

これまでの自分の人生において「文章を書く」ということに、こんなにも向き合ったことはありませんでした。

  • 読書が苦手(コミック専門だった)
  • 作文が苦手(特に読書感想文)
  • 自分の文章に自信がない

苦手意識をずっと抱えていました。

それがブログをはじめたことで「克服したい」「上達したい」という気持ちに変わるとは、人生何が起こるかわかりません。

経験してみてわかったことは「文章を書く」とは、地味で孤独な作業であるということ。

私のような不安を抱える孤独なライター(ブロガー)にオススメのツールを紹介します。

ブラウザで文章チェックができるツール「文賢」です。

孤独なライターの味方

【文賢】公式サイトへ

スポンサーリンク

Web上で手軽に文章チェックができるツール「文賢」

孤独なライターの味方

スポンサーリンク

「文賢(ぶんけん)」は、Webページを開いたまま文章チェックができるツールです。

専用のWeb画面にログインして、文章を入力する、もしくは貼り付ける(コピー&ペースト)だけで、文章の校閲(こうえつ)と推敲(すいこう)ができます。

自分で文字入力を必要としない方法もあります。

GoogleChromeの補助機能(プラグイン)を使えば「範囲選択→右クリックで文賢に送信」で瞬時にチェックができます。

誤字脱字や、誤った言葉のチェック、注意すべき言葉や表現を見つけて確認を促してくれます。

また文章の読みやすさを判定してくれる機能もあり、改善に役立ちます。

1人で文章を書く私の心強い味方

画像引用元:公式サイト

私は文章を書くことに苦手意識があり、自分が書いた文章に自信が持てないのが悩みでした。

「店主ブログ」として記事を作って公開したものの「これで大丈夫かな?」と、いつまでも不安を感じていました。

そんな不安を解消してくれたのが「文賢」です。

客観的なチェックができる

書き上げた文章を自分でチェックしていても、ミスを見落としてしまうこともあります。

また文章が苦手な自分に「ここは、もっと別の表現がいいのでは?」と、新しい発想が浮かぶはずもなく、ライティングスキルを磨くことにはつながりにくいです。

文賢のおかげで、自己判断だけでなく、一般的・客観的な視点からのチェックや修正ができるようになりました。

  • セルフチェックより確実(見落とさない
  • 自分にない新しい表現を知ることができる
  • チェックする時間が短縮できる
関連記事

文章チェックは「目で見る」だけでなく「耳で聴く」方法もあります。

文賢の機能にも「音声読み上げ」が備わっているくらい効果の高いチェック方法です。

ぜひ、お試しください。

孤独なライターの味方

【文賢】公式サイトへ

スポンサーリンク

初期費用と固定費用が掛かるサブスク型サービス

文賢は有料のwebサービスです。

文賢の料金
  • 初期費用 11,800円(税込み)
  • 固定費用 2,178円(税込み / 30日ごと)
固定費用について

固定で支払う費用(公式サイトでは「更新費」という名目)は、クレジットカードによる引落しを選択している場合の「30日ごとの料金」です。
*設定されている期間が「1ヶ月」ではなく「日数カウント」の点に注意してください。

コスパを考えて導入しましよう

正直なところ、料金はちょっと高めです。

ライターとして「文章を書くことで稼げる人」には、コストに見合うツールだと思います。

気を付けたいのは「サブスク型サービス」なので、長期で利用するとかなりの金額になってしまいます。

辞めるタイミングが悩み

私も文賢を導入した当初は修正箇所が多く見つかり活用しました。

使い続けるうちにライティングスキルが磨かれ、最近はミスが減ってきました。

「もう必要ないかな?」と感じることもありますが、このチェックを通すと安心できるので利用を続けています。

ヨフカシ
ヨフカシ

お守り的なツールになってる

文賢のおかげで「文章を書く」ことに自信がつき、楽しくなりました。

私のように1人でブログやコンテンツ作りに取り組んでいる人には、とても役に立つツールであり、心強いアドバイザーです。

孤独なライターの味方

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です