THETHOR

Web制作を完全独学した私が、実際に購入した3冊の書籍を忖度なく紹介します

  • これからWeb制作を勉強したい人
  • 自分に合うWeb制作の参考書を探してる人
 
タダノキリン
Web制作の参考書を探してるけど、どんなのがいいの?
 
ヨフカシ
私が、実際に買ったものを、紹介するよ!

Web制作の習得には、いくつかの方法があります。
スクールに通う、もしくは、今ならネットワークを使ったリモートで学ぶ方法もあると思いますが、勉強と言えば「本で学ぶ」が基本という方もいらっしゃるでしょう。

ということで、私がWeb制作を勉強し習得するために、実際に購入した参考書籍を、感想を交えて紹介します。

 
ヨフカシ
当サイト運営者の「ヨフカシ」です。

2020年6月からブログを始めました。
昼間は個人商店を営んでいます。

私の経験談が、誰かの悩みのヒントになれたらいいな。
そんな想いで記事を執筆しています。

 


お店のホームページを、自分で制作し運営しています。

ホームページ作りや、Web制作について、これまでに習ったことはありません。お店を経営するようになってから、あることがきっかけで「ホームページを作れないかな?」と思い立ち、勉強して技術を習得しました。

本業の仕事の合間に、地道にコツコツ勉強しました。

参考書を買い、その本の通りに練習ページを作り、基礎知識の勉強をしました。そして、実践練習のために、安いレンタルサーバーを契約してホームページ運営もしました。

 この記事でわかること

  • 参考書にも色々な「タイプ」がある
  • 自分の性格との相性や、目的に応じて選ぶことが大事

ちなみに、Web制作に取り組むことになったきっかけは、こちらの記事で紹介しています。

きっかけ➀は「前半:契約するまでの話」

きっかけ➀

どうも「 ヨフカシ 」と申します。私は、いわゆる「 自営業 」をしています。家族経営の小さなお店です。   この記事はこんな内容 プロフィールに記載している「 苦い経験談 」です。ホームページについて、まだ何も知らなか[…]


きっかけ②は「後半:契約した後の話」

きっかけ②

ヨフカシと申します。家族経営の小さなお店ですが「 自営業 」をしています。  この記事はこんな内容 プロフィールに記載している「 苦い経験談 」のつづきです。自分のお店のホームページ制作を外注したところ、悪質な販売商法[…]

1冊目「入門編」

では、早速ご紹介していきます。

まずは、Web制作の「 知識ゼロの私 」に、ピッタリだと思って買いました。

【タイトル】
「3日で完成!ゼロからのホームページ作り:CD-ROM付き」

表紙には「はじめてでもよくわかるHTML入門」と大きく書かれています。練習用のWebページデータが収納されたCD-ROMが付いており、その練習用ページと同じものを、実際に作りながら学ぶ参考書です。

発行は2014年6月と、かなり古いです。
CD-ROM付属という形式が、時代を感じます。
私が購入したのは、2015年でした。

評価

学習内容のむずかしさ 2.0
わかりやすさ 4.0
役立ち度 4.0
おすすめ度(古すぎて低評価です) 1.0
総合 4.0

感想

超初心者向けです。
素人が取り組むには、良い参考書だと思います。

教材として良かった点は、HTMLとCSSを分けて学習できるところ。

HTMLだけで作るページを完成させた後で、そのページに対してCSSでデザインの変更を加えていく流れになっています。HTMLとCSSの概念を感覚的に学べる教材だと思います。

ただ一つだけ不安に感じたことがあります。

Webページを公開する練習のためなのですが、最初に「FC2」のホームページサービスを登録させる手順が載っていました。無料で使えるサービスとは言え、初心者には、なんだか大変そうと感じてしまいました。

制作の勉強だけなら、このステップは、やらなくても大丈夫です。

Web制作は「プログラミング技術」です。
習得するには、手を動かして体験するのが一番良いと思います。

 習得までの極意

『習うより慣れろ

未だに手放せない

私は、Web制作が本職ではないので、毎日プログラミングに触れているわけではありません。

作業しない期間が長く空いてしまうことも多いです。
なので、作業を再開した時に、初歩的なことでも、ふと忘れてしまっていることがあります。

そんな時は、今でもこの本が活躍します。

当時の私は、なんとしても習得したかったので、かなり真剣に取り組みました。3日では完成しませんでしたが、書いてあることを一字一句逃さずに読み、見本と同じwebページが出来るまで何度も繰り返しました。

反復練習のおけげで「何がどこに書いてあるのか?」なんとなく覚えています。

記憶を頼りに「確かこの辺りに書いてあったはず」と思って、この本を開く方が、ネットで調べたり、他の参考書の目次や索引から探すより、早いです。

そのため、今でも手放せません。

2冊目「ステップアップ編」

入門用の参考書で、Web制作の基礎は学びました。
それでも所詮は「入門レベル」です。
「素人感」が、どことなく漂ってしまうのです。

そこで、よりハイセンスに、よりお洒落に仕上げるために、ステップアップを狙って購入しました。

【タイトル】
「 HTML 5 & CSS 3 標準デザイン講座:30レッスン」

背表紙の言葉「webの基本をきちんと学ぶ!」が購入の決め手でした。

  • 知識ゼロから学べる
  • この1冊で初歩的な文法から本格的なサイト制作まで学べる

と紹介されています。

さらに、パソコンだけでなく、スマホ・タブレットに対応した「レスポンシブデザイン」についても詳しく載っていました。

評価

学習内容のむずかしさ 4.5
わかりやすさ 2.0
役立ち度 3.0
おすすめ度 3.0
総合 3.0

感想

正直この本は「上級者向け」だと思います。
確かに、初歩から解説してくれていますし、情報量も多く、網羅されています。

しかし、書いてあることを理解しながら読み進めるには、すでに「 HTML & CSS 」の概念を掴めている人でないと難しいと感じます。

というのも、専門的な用語が、かなり登場します。

目次には「○○の使い方」「△△の基本」と表記されているのですが、「○○」や「△△」の部分が、がっつり専門用語だったりします。
「マークアップ」や「コーディング」という業界用語や、「要素」「属性」「タグ」など技術的な用語についても、最初から当然のように使われています。

用語の解説や補足説明はありますが、あっさりとした感じです。

講義を受けるように、1ページ目から順を追って学習していけば、理解が深まると思いますが、専門家たちの会話に紛れ込んでしまったような印象を受けました。

応用力をつけるための基礎学習用

初心者向けというよりは、より高みを目指す人に向いてると思います。

こんな人にはオススメです

  • Webデザイナー、Webクリエイターなどのプロを目指している人
  • もっと思い通りになるテクニックを身に着けたいと思っている人

じっくり取り組み基礎を固めるのに良い教材です。
本人次第ですが、応用力が向上すると思います。

すでにWeb制作を経験したことがある人なら、活用できる参考書ではないでしょうか。

私とは相性が合わなかったかも知れない…

もともと困ったことがあってから調べるタイプの私。

「この場面ではどう処理すればいいか?」という調べ方をするので、「これが答えだ!」と的確に返ってきてほしい性格です。

そういった観点から考えてみると、この本は「 解決策 」を教えてくれるというよりは「 ルール学ぶタイプ 」の本だったと思います。

3冊目「バイブル編」

2冊の参考書を武器にコツコツと勉強をしていたのですが、Web制作は、それだけでカバーできるほど甘い世界でもないです。

Web制作の世界は、広く深く、現在進行形で進化を続けています。次から次へと新しいアイディアや機能が誕生します。
極めるには、日頃から情報収集と勉強を欠かすことはできません。

私は、極める必要はないのですが、Web制作自体は楽しかったので、地元の図書館で関連書籍を借りていました。

そんな中で出会った、私にとって「バイブル」とも言える本を、最後に紹介します。
返却した後、手元に置いておきたいと思って、わざわざ購入した本です。

【タイトル】
「 HTML 5 & CSS 3 デザインレシピ集:すぐに使えるテクニック300 」

600ページオーバーの分厚い本です。
なぜなら「300個の技」が収録されています。

各テクニック項目ごとに、使用する要素やプロパティが紹介され、その解説が付いています。さらに、HTMLとCSSの両方のソース画面(実際のプログラム画面のこと)と、ブラウザでの表示見本も載っているので、非常にわかりやすい構成になっています。

評価

学習内容のむずかしさ 4.0
わかりやすさ 5.0
役立ち度 5.0
おすすめ度 5.0
総合 5.0

感想

初心者の私に300個も必要なの?と思うかも知れませんが、心配ご無用。
初心者にこそ、最高に役に立ちます。

「 一家に一台必須 」のレベルだと思ってます。

基礎を丁寧に解説してくれた後、使い方のお手本が載っています。使いたいテクニックのプログラムの真似をして、少し編集すれば、応用が簡単にできます。

問題解決の近道になる本です

先ほど「ステップアップ編」で紹介した本は「ルールを学ぶタイプ」だとお伝えしました。

それに対して、この「レシピ集」は「解決策を教えてくれるタイプ」の本です。

特徴は、各テクニックの見出し部分です。
見出しが「○○したい」という書き方になっています。


例を挙げてみましょう。

3章「テキストの整形とデザインテクニック」より

  • テキスト色を変更したい(16進数)
  • テキスト色を変更したい(RGB)
  • ページ全体のフォントサイズを相対的に指定したい

5章「リンクと画像のテクニック」より

  • サイト内のほかのページにリンクしたい
  • 画像にリンクをつけたい

8章「テーブルのデザインテクニック」より

  • セルを横方向に結合したい
  • セルを縦方向に結合したい
  • セルの幅を均等にしたい

このような見出しが目次に並んでします。


悩みに直結したフレーズになっているので、探しやすさは抜群です。
作業中に困ったことがあったら、その部分にすぐ辿り着けます。

個人差はあると思いますが、私は基礎から振り返るより、ピンポイントでその答えだけ教えてほしい!と思ってしまう性格です。

そんな性格の方は、この本は相性がいいと思います。

【まとめ】
独学の醍醐味は、楽しみながら学べること

私は、このWeb制作の世界が、楽しくて大好きです。

購入した書籍以外にも、図書館でも借りているので、読んだ関連書籍は、もっとたくさんありますが、今回は、実際に購入して使用している3冊を紹介しました。

忖度なく正直に感想をお伝えしています。
どれが一番良いかというよりは、全部の本を駆使して問題解決に当たっています。

正解に辿り着く道は、一つとは限りません。

学生時代の勉強でも「苦手なものは苦手」でしたよね?
Webの制作でも、どうしても苦手なプログラムが出てきてしまうこともあります。

そんな時でも、繰り返し練習することで克服できたり、様々な情報をすり合わせれば、答えに辿り着くことができます。

最終目標は、ページを完成させること

私は、お金を掛けずにホームページ運営をしたいので、自作して管理しています。万が一、失敗しても自己責任で済みます。

しかし、仕事として依頼されたWebページで、失敗はできません。

もし職業として、WebデザイナーやWebクリエイターを目指すなら、スクールに通ったり、誰かに教わることも必要なことです。

しかし、現実的に「報酬をもらう仕事」になると、教わったことだけでは通用しない場面や、トラブルも絶対に発生します。

そんな状況になった場合でも、今までの自分の経験や、独自の発想からヒントを得て、どうにか切り抜けていかなければなりません。

Web制作の最終目標は、知識をたくさん知っていることではありません。

一番大事なことは、制作したページが、思い描いた通りに表示できているか、ということです。

教わる時も、独学の時も、勉強の段階から、そんな目的意識を持って取り組むのが、成功への第一歩だと思います。

Web制作の独学の最新記事4件